しろしろブログ

二人育児のリアルな日常から、食べたもの買ったものレビューまで、生活をよくするヒントを紹介します

3歳がりんご病にかかった!経過と症状は?:子供のりんご病 体験記

こんにちは、しろやです!

 

これはもう恐ろしい体験をしました。。

子供達も、私もかかりました!

結論から言うと、子供は大したことなかったけど、

大人はつらかった!!!!

 

事の発端は、1月16日の夜。

長女とお風呂に入った夫が、お風呂から出てきて

「なんか長女の手と足、赤くなってるんだけど?なんだろこれ?」

と異変に気付いたことからでした。

 

両腕と、ふくらはぎから太ももにかけて、なんだかまだらに赤くなっている。

でも痛くもかゆくもないらしい。普段通りで、めっちゃ元気。

次女にこれまで2回蕁麻疹が出たことがあったので、

うーん?蕁麻疹…??

あ、上着も着ずに公園で遊んで帰ってきて、パパと入る!とお風呂を嫌がり、暖房入ってない冷えた玄関でパパの帰りを待って…

からのお風呂だったので、

なんだっけ?寒冷蕁麻疹?とかいうようなやつ?などと話し、その晩は様子見しました。

 

でも「よくある鼻水ね」とか「いつもの風邪かな」という症状じゃない時は心配になります。

何となく原因がわからないと気持ち悪い。

 

翌朝も、やっぱりまだ赤いまだらはあるので、小児科に連れて行くことにしました。

あ、あとついでだから、2日前くらいから左頬が赤くて、長女いわく「虫にさされた」とか言ってるやつのことも聞こうかな〜。

 

そう。これがフラグ…

 

小児科受診の結果!!

りんご病でした。

・典型的な症状

・治療薬はなく、対処療法しかない

・酷くないので飲み薬も塗り薬も出ない

・保育園は行ける

・生活も普段通りでいい、安静必要なし

・現段階ではほとんど感染力ない

・長い場合で1か月位、赤みが出たり引いたりするかもしれない

・頬も、今は左が赤いが、右が赤くなることもあるかもしれない

 

とのことでした。

なんかほっぺいつまでも赤いなー。

虫刺され?こんな時期に?蚊じゃないよねー?

と思ってはいましたが、手足の赤みとは別物かと思い込んでいました。

まさか、ほっぺと手足が関連していて同じ病気からくるものだったとは…

 

そしてりんご病というのが、私的にノーマークの感染症

確か妊娠中はかかりたくない病気だったと思うけど…、全然どういうものだかわからない。

 

そこで調べました。

 

--------

◆東京都感染症情報センター

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/fifth-disease/

「伝染性紅斑」

「3.  症状」より

 

「約10日(4~20日)の潜伏期間の後、両頬に境界鮮明な紅い発しんが現れます。続いて体や手・足に網目状の発しんが拡がります」

「多くの場合、頬に発しんが出現する7~10日前に、微熱や風邪のような症状がみられ、この時期にウイルスの排出が最も多くなります。発しんが現れる時期にはウイルスの排出量は低下し、感染力もほぼ消失します。」

--------

 

そう。

思い返せば、長女はお正月に1日だけ突然熱を出していました。

翌日には下がって平気そうなので、なんだろ?疲れかな?少し鼻水もあるから風邪の熱だったのかな?と思っていましたが…あれはりんご病の熱だったのかも…

 

1月4日 熱が出る

   それから10日後

1月14日 あれ?左頬が赤い?

1月16日 ん?手と足に赤いまだらが出てる

1月17日 りんご病と診断される

 

りんご病と診断されたものの、本当にいつも通りに元気ぴんぴんでエネルギーが有り余っている様子の長女。

特に何ともなさそうで、ただのほっぺが赤い子でした。よかったよかった。

 

と、思っていました。

まさか、長女以外にも広がるとは思っていなかったので。。

 

「大人がりんご病にかかった!経過と症状は?子供との違いは?:大人のりんご病 体験記」へ続きます

shiroya.hateblo.jp