しろしろブログ

二人育児のリアルな日常から、食べたもの買ったものレビューまで、生活をよくするヒントを紹介します

子供の車酔い対策 : 4歳でも飲める酔い止め「センパア Kidsドリンク」がおすすめ

こんにちは、しろやです。

今回は、4歳が車酔いしちゃった話です。

小さいお子さんが酔って気持ち悪そうにしていると、かわいそうですよね。

幼児でも飲める酔い止めレビューと、乗り物酔い対策についてご紹介します。

 

車酔いの経緯

先日シェアカーを借りてお出かけしたんですが、

出発するなり4歳が

「なんか変なにおいがする。車のにおい気持ち悪い。」

と言い出しました。

 

確かにエアコンの風がほんのり匂う感じでした。

シェアカーだしどんな車にあたるかは、当日乗るまでわからないんですよね。

窓を開けたりしつつ走り、長いトンネルに差し掛かったので窓は閉めましたが。

 

普段おちゃらけてよく喋る4歳が、黙ってじっとしている。めっちゃ静か。なんだか顔色も悪い気がしました。

 

そして。結局、吐いちゃいました。

いや〜焦りました。。

トンネルの中だから道路脇に一時的に止めたりできないし、渋滞でのろのろしか進まないし、

私は助手席で、後ろにベビーシートとジュニアシートで子供2人が乗ってたので、

前後で介抱もしずらい!!

ひたすら何回かに分けてビニール袋を差し出して、吐いたものは回収、手をめちゃくちゃ伸ばしてタオルで口元を拭く…という感じでどうにか対応。

 

車酔いはなぜ起きるか

調べてみると、車酔いは、赤ちゃんやごく小さい子では起こりにくく、脳の発達してくる4〜5歳くらいからなることがあるそうです。

乗り物酔いのしやすさは、小脳にある前庭小脳の発達段階によって変わります。
前庭小脳は身体のバランスを平衡に保つ役割があります。3歳くらいまでの乳幼児は、まだ前庭小脳が発達していないため、ほとんど乗り物酔いすることがないと言われています。
4歳から12歳くらいまでの間に前庭小脳が発達し始めると、外部からの刺激、つまり、揺れやスピードに敏感に反応するため、乗り物酔いを起こしやすくなります。

 

大正製薬 商品情報サイト「センパア」〜どうして子供は酔いやすいの?https://brand.taisho.co.jp/semper/trivia/より引用 (2019年10月4日確認)

 

車が動いていると、窓の外の景色は動いているのに、車内は動いていませんね。

そして身体は車の加速・減速・道路状況による振動などで前後上下に揺れたり重力がかかったり、カーブで左右に傾いたりします。

身体の傾きなどの状態は耳の中で察知しますが、そういった耳の情報と目から入る情報との間にズレが生じると、脳が混乱して自律神経が乱れて、その結果様々な酔い症状が出てしまいます。

 

そんなこんなで、車に乗ることに苦手意識ができちゃったんですが、たまには借りて乗りたい!

なので、酔い止めを探しました。

 

近くのドラッグストアでは、5歳〜とか、12歳〜の酔い止めしか売っていなかったのですが

さすがのAmazon、検索したら、3歳〜飲めるものがありました!!

 

3歳から飲める酔い止め

センパア Kidsドリンク!

対象年齢は3歳から10歳。

味は、4歳が大好きなぶどう味。

20ml入りの小さな茶色い瓶が2本入っています。

行き帰りに飲むといいよってことかな?と思います。

こちらを、出発の30分前くらいに飲むといいみたいです。

 

届いたものを早速見せると、

「変なにおいするから車やだー」と言っていた4歳が、飲みたいあまり、

「ねぇ車借りないの?車でどっか行きたい〜ねぇー借りてよ〜」と言い出しました。

 

車酔いは、また酔っちゃうかな?と心配になるとメンタルが悪い方に作用して酔いやすくなるので、

今日は大丈夫!と思うことなんかも大事らしい。

なので、事前にドリンクを飲ませた上で、

「さ!これで今日は酔わないよね!大丈夫だね!」

と、自信につながるような言葉もかけました。

 

子供に与える前に、ぺろっと味見しましたが、苦味などはなく確かにぶどう味でした。

少し人工的な味付けですが、子供に「苦い?飲めそう?」と聞いてみても

「うん、大丈夫。変な味しない!おいしい!」ということだったので、うちの子は苦手ではなかったようです。

 

 そうして乗った時には、多少の酔いはあったかもしれませんが(本人ではないから程度がわからない)、

少なくともひどい酔いにはならず、吐いたりもしませんでした!

よかった!!

 

その他の車酔い対策

他にも、

・エアコンの送風口に取り付ける、クリップタイプの消臭芳香剤を、実際にテスターを匂いながら一緒に選んでもらう(我が家はオレンジの香りを子供が気に入りました)

・乗る前にファブリーズをシュッシュとしておく

・トンネルや長い橋など、なかなか止まれないルートは避ける

・乗っている間は、遠くの景色を見てね、と言う

という対策をしました。

どれが実効性があったかは分かりませんが、車に対する苦手意識も払拭できたようで一安心でした。