しろしろブログ

二人育児のリアルな日常から、食べたもの買ったものレビューまで、生活をよくするヒントを紹介します

私の経験した誘発分娩での出産について、総まとめ

f:id:shiroyaa:20191119161557p:plain


私は、出産
を2回しましたが、どちらも自然に陣痛が起きて・・・という流れにならず。

どうやら誘発でしか産めないようで。

2回とも、誘発・陣痛促進剤(子宮収縮剤)を使ったお産となりました。

 

しかし、2人のお産の状況や流れは、まったく異なります。

ひとくちに「誘発分娩」と言って、やはり「ひとつとして同じお産は無い」のだ

ということですね。

 

一人目の場合

一人目は、予定日を超過して、もう少しで2週間経とうとする41週後半。

自然な陣痛は待てど暮らせど起きず正期産のタイムリミットが迫るため、

誘発入院が決定していました。

入院の日の朝、やっとおしるしが来て、じわじわと腹痛。

→病院に着いてバルーンを入れる

→子宮収縮剤を服用する予定だったが、段々と自然な陣痛が開始したので服用せず

→破水→長時間頑張るが、陣痛の山が弱い

→陣痛促進剤を点滴で追加して、陣痛を加速

→大きな赤ちゃんだったためなかなか出てこれない

→吸引をして、やっと誕生!

 

 

人目の場合

二人目は、37週入ってすぐに1回目の誘発。

逆子を自然分娩する、骨盤位分娩にチャレンジのため子宮収縮剤&硬膜外麻酔。

結局、不発に終わり、頭位になったため中止して退院。(外回転術を経験)

37週終わりに2回目の誘発。

破水→陣痛こない→子宮収縮剤の点滴→点滴棒携えて歩いて刺激

→陣痛が強まる→硬膜外麻酔→無痛分娩で誕生!

 

 

次女の妊娠・出産にまつわることは、以下にまとめました。

www.shiro-yan.com

www.shiro-yan.com

 

 

一人目が予定日より約2週間遅く、二人目が予定日より約2週間早く生まれたので、

予定日をはさんで約1ヶ月違いで生まれ、出生体重も実に900gほど違う、

数字的には対照的な姉妹となりましたが、

成長してみると、出生時期も出生体重も何も関係なくて、よく似た元気でにぎやかな

姉妹です。